Openlaw日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-06-01正式開始

各新聞の社説が出ています 各新聞の社説が出ています - Openlaw日誌 を含むブックマーク

6/1の社説で金沢,名古屋両地裁判決についての論評が掲載された.論調は (毎日新聞朝日新聞東京新聞) と (読売新聞産経新聞) とに大別されるが,どちらの論調でもない中立的な評価があってもよかった(ひょっとしたら社説にとりあげなかった日経新聞は中立的な分析に時間をかけているのかもしれない).判決文を読んでから裁判報道を見るというのははじめての体験なのだが,「住基ネット見直しが必要だ」「住基ネット安全宣言」のどちらの立場をとるにしても,提出書類だけでは根拠薄弱と金沢地方裁判所に判断された主張を社説でくりかえすのはいかがなものか.説得力のある新たな証拠書類を示すか,せめて「裁判官はどの提出書類を判断材料としたのか」と問うことが必要だろう.

...というような,感想文というか,つぶやきのようなものがウェブ日記には多いので,根拠をしめしながら展開される「中身のある話」がない,という日本のウェブ日記の特殊性も指摘されている.しかし,コンピュータや法律の領域では,大新聞の社説も感想文になっている.そこで試しにこのエントリーは感想文スタイルで書いてみた.こうした日本のウェブ日記の性格は,おそらく「オープンロー@hatena」と本家のOpenlawプロジェクト(の最初の形態)とのもっとも大きな違いになるだろう.

トラックバック - http://openlaw.g.hatena.ne.jp/s-yamane/20050601