Openlaw日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-06-07サイト紹介

Openlawのモデル Openlawのモデル - Openlaw日誌 を含むブックマーク

本家Openlawのモデルについて簡単に説明します.Openlawのモデルは,進行中の法廷資料の公開と,オンラインの討議の場の提供との両輪でなりたっています.たとえば2001年のGolan 対 Ashcroft 裁判のページでは,原告と被告の上告と回答書がPDFファイルとHTMLファイルで順を追って公開されます.そして冒頭には最新情報が,末尾には過去のニュースが表示されます.そしてサイドメニューから「Discussion」を選ぶと,オンラインで討論を行なうページに移ります.そこでは登録したメンバーが書き込むことができますが,登録しないメンバーでも議事録を読むことができます.(ただし,審理が終了したので現在では討論のページは閉じられています.)

その後,OpenlawプロジェクトはWikiのようないろいろなツールの組合せを試し,新しいツールの使い方を実験しています.Openlawが他の同様の試みにくらべてすぐれているのは,その議論の善し悪しよりもむしろこのツールへの意識だと思います.我々もそれにならって,新しいツールとしてはてなグループを試しているところです(これには ised@glocom powered by hatena という先行例から影響を受けています.)

ised@glocom powered by hatena

トラックバック - http://openlaw.g.hatena.ne.jp/s-yamane/20050607