Openlaw日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-06-28判決文@courts.go.jp, オープンソースライブラリ

判決文テキスト版 判決文テキスト版 - Openlaw日誌 を含むブックマーク

最高裁判所下級裁判主要判決情報では注目すべき地方裁判所の判決を検索できるようになっていますが,そこで金沢地裁判決がHTMLフォーマットで公開されています(情報提供感謝).公開作業を行なった裁判所職員の方々もお疲れ様です(^^;.

H17. 5.30 金沢地方裁判所平成14年(ワ)第836号,平成15年(ワ)第114号住民基本台帳ネットワーク差止等請求事件

字下げがわかりにくいという人はJCA-NETのPDF版をごらん下さい(^^).

本サイトでは,これらの判決の概括を次回に行なった後,7月にはふたたびスタート地点にもどり,進行中の東京地裁のやりとりに注目します.そして,どんな法廷書類が提出され,どんな専門家が呼ばれ,どれほど有効な(あるいは無効な)反論が行なわれたのかを評価してみたいと思います.(その他の視点からの評価も歓迎します.)

オープンソース住基カード オープンソースと住基カード - Openlaw日誌 を含むブックマーク

住基カード(公的個人認証)用のライブラリをオープンソース開発でつくろうというプロジェクトを発見.住基文字コード http://www.horagai.com/www/moji/juki2.htm とかハードウェア識別子 http://d.hatena.ne.jp/HiromitsuTakagi/20030828#p1 については特に対処していない模様ですが,面白い着眼点だと思います.住基ネットをオープンソースでという話もありましたが,電子自治体のオープンソース化はここまで進んでいた(^^).

しかし電子証明書のやりとりをするのに,なんで本名やら住所やら生年月日やら出生時の性別まで流さなきゃならならんのかと考える人は多いだろうなあ.国民総背番号制の是非を問う以前に,この設計が与える心理的苦痛が少なくない.

X.509証明書の拡張領域に基本四情報をぶちこむという設計を誰が決定したのかという経緯には興味がある.X.509策定のころ現役だった人(X.509しかPKIを知らない人)が他国の電子政府プロジェクトを調べずに(個人認証の概念を固めずに)決めたというのに一票.

s-yamanes-yamane2005/09/02 06:52セキュリティホールmemoの9月1日も参照。
http://www.st.ryukoku.ac.jp/%7Ekjm/security/memo/2005/09.html#20050901_juuki
もはや電子政府というキーワード自体がお笑いのネタになっている...。
日本の電子政府を見るかぎりそれは間違いとは言えない。仕様の段階ですでに駄目だが、実装も駄目だというのは救いようがない。
もともとPCやソフトウェアやネットワークとは何の関係もなかった外郭団体に開発させれば、パソコン少年程度の仕事になるというのはある程度は予想できた問題である。

トラックバック - http://openlaw.g.hatena.ne.jp/s-yamane/20050628