Openlaw日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-07-09地裁判決論点と今後の視点 このエントリーを含むブックマーク

e-GovSec/Nishimurae-GovSec/Nishimura2005/07/10 07:15e-GovSecプロジェクトを担当している、JCA-NETの西邑です。
山根さんがふれている「品川区において実施されたペネトレー
ションテスト」ですが、東京地裁(25部)の法廷資料として
は、被告側が「丙14号証 住基ネットに対するペネトレー
ションテスト結果報告」として提出されています。
*e-GovSecサイトへのアップが遅れていて申しわけありません。
「丙14号証」そのものであるかどうかはまだ確認できていな
いのですが、総務省が公開している品川区の結果の実験結果
そのものは、以下のページに「資料1」としてpdfファイルで
リンクされています。
http://www.soumu.go.jp/c-gyousei/daityo/031017_1.html

s-yamanes-yamane2005/07/11 23:28どうもありがとうございます.
そういえばその資料のチェックはしていなかったか.
ちなみに品川区の試験報告は総務省が出していて,江東区の試験報告はLASDECが出してますね↓
http://www.lasdec.nippon-net.ne.jp/rpo/pene_2005.pdf
以下にコメントがあります.
http://maruyama-mitsuhiko.cocolog-nifty.com/security/2005/04/post_a8a9.html
(私もそうですが)多くの専門家はこの報告については物足りないとは思うけど否定はしないと思います.ただし長野の報告書のどちらがより証拠能力が高いかという見方をすれば話は別です.金沢地裁判決はそこをうまく整理している.

トラックバック - http://openlaw.g.hatena.ne.jp/s-yamane/20050709