Openlaw日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2005-08-16もどってきました

戻ってきました。 戻ってきました。 - Openlaw日誌 を含むブックマーク

バイト先のシステム構築からもどってきました。

住基ネットをとりあげたNHK-BSディベートが放送された頃(7月末)からほぼ泊り込み。要件定義書なしにシステム稼働日だけは迫っていて、必然的に地獄的アジャイル状態でした。

最高裁国民審査 最高裁国民審査 - Openlaw日誌 を含むブックマーク

なんか気がつかないうちに総選挙が行われることになってますが、Matimulog: election:総選挙といえば、最高裁判事の国民審査にもあるとおり、総選挙と同時に最高裁の判事に対する国民審査が行われる。もっと判断材料がほしいところだ。

各地の住基ネット訴訟サイトを見ると、各地の訴訟が結審を迎えはじめているのがわかります。こちらも法廷資料読んでこの流れに追いつかなくては。

サマーセッション サマーセッション - Openlaw日誌 を含むブックマーク

8月27日(土)~28日(日)に大阪で反住基ネット サマーセッション in 関西 2005が開かれるとか。

住基ネット問題の是非を公に問う場合は、(賛成にしろ反対にしろ)立場の異なる専門家を呼ぶ勉強会みたいな形式にならざるを得ないのではないかと考えています。実際、すでに一部の住基ネット法廷はそういう形態になっている。この点で、このサマーセッションはプログラム(二日間にわたる連続セッション形式)を見る限り、かなり期待できそうです。住基ネット安全宣言派も、情報量のない安全宣言ではなく、国内外の専門家を集めた中身のある話を期待しています。

一部グループ限定公開モードに変更 一部グループ限定公開モードに変更 - Openlaw日誌 を含むブックマーク

私以外の参加者からの投稿が少なく、トラックバックとリンク情報だけでかなりの情報が入ることから、私以外のメンバー日記をグループ公開モードに変更します。パブリック公開するかどうかは個人個人で設定してください。

高野 善通高野 善通2005/08/20 11:03 はじめまして。裁判員制度に強く反対する者です。
 最高裁国民審査では、今回は全員「×」をつけることを宣言いたします。というのは、権力機関総与党化の大暴挙によって誕生した裁判員制度に関しては司法サイドの責任も重大だからであり、また、国会全政党の全会一致の採択のため、選挙で民意を反映できない制度であるため、裁判員制度に関して民意を反映するには「国民審査」での「×」しかないためでもあります。
 ちなみに、住基ネットと裁判員制度の絡みを考えると、大変危険な事態も懸念されます。これはトラックバック先に記載しておきます。

高野 善通高野 善通2005/08/20 11:07 トラックバックに失敗したので、リンク先を記載します
(裁判員制度における住基ネットの危険性)
http://cgi.members.interq.or.jp/enka/svkoya/blog/enka/archives/2005_5_30_73.html
(ブログ全体)
http://www.interq.or.jp/enka/svkoya/blog/enka/index.html

トラックバック - http://openlaw.g.hatena.ne.jp/s-yamane/20050816