Openlaw日誌 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-12-09住基ネット「個人離脱」、1人削除に最大3500万 このエントリーを含むブックマーク

住基ネット「個人離脱」、1人削除に最大3500万...この試算を出していれば、リスクを甘受すべきかどうかという利害調停を試みていた高裁の判決に影響が出ていたかもしれませんが、それ以前に日本の技術力が世界の笑いものになりテロの対象になりそうです。

どういう仕様なのか想像もつかないのですが、過去に住基ネットの不具合でデータが利用不能になったときにはシステムダウンにはいたらなかったようです。(鈴木淳史 "動かないコンピュータ 住基ネット600人分のデータが利用不能に", 日経コンピュータ no.562, December 2002, pp.12--13.)

s-yamanes-yamane2006/12/17 19:4415日午前0時をもって大阪高裁判決が確定しました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061216-00000244-mailo-l27
夏のワークショップで大阪裁判の話は聞いていたのですが、こういう展開になろうとは想像できませんでした。
これからどうなるのか。技術的経済的に無理だとかいう説もありますが、判決の「削除」には技術的なな定義はないので、それを技術的経済的に無理のないように定義して(たとえば矢祭町に住民票を移して住民サービスは地元で利用するとか)、原告に納得してもらうことができるのかが問題になるでしょう。

トラックバック - http://openlaw.g.hatena.ne.jp/s-yamane/20061209